容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

  1. 2013/11/05(火) 16:55:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

そろそろ終わりにしようか。



DTIブログは来月を持って一部有料で書き続けてる人以外、サービスを終了すると告知が出ました。
勿論僕は今まで一銭も支払ってないので、当然このブログもいずれサービス停止されて削除されるでしょう。

ちょっとこの記事を書く前に、少し昔の記事をチラ見してみたけど、
ここで書き始めたのって2006年らしい。
最初に近い記事がFF11のアトルガン関連とか。実に懐かしい。

単に日本語の練習とゲーム趣味を兼ね備えた雑記に近い日記でしたが、
よくこんなに続いたものだ。
しかしツイッターというより簡単に、よりタイムリーに、
自分の感想やつぶやきを残せるツールによって、
ほぼブログを書かなくなってはや一年。
このままずーとこのまま放置して朽ち果てていくのも忍びないので、
今ここで全更新終了と、告知させて頂きます。

今までのご閲覧、ありがとうございました。

お正月連休まであと僅か

  1. 2013/02/05(火) 12:27:45|
  2. リアル徒然|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0


もしも今年一年の中でもっともダルい一週間を決める総選挙があるとしたら、
それは間違いなく今週がぶっちぎりの得票率で当選するであろうな。

何故ならば今週五日を乗り越えたらお正月連休、9連休である。
夏休みも冬休みもゴールデンウィークもない台湾で、もっとも長い連休なのですよ。
もうソワソワってどころじゃないっすわー。
まぁ私営業やらサービス業界は逆に一番の稼ぎ時なので、
むしろ地獄の始まりみたいなもんですがね。
僕普通のリーマンでよかった☆ミ

そんな長い休暇を待ち構えてますけれど、残念ながら予定は一片の空白である。
そりゃどっかに遊びに行きたい気持ちはあるんですよ。
あるんだけどどこに行っても人人人。まさに人がゴミのように溢れてる。
物見遊山がただの人間観察になるのは明白である。

こんな平地面積が狭い島国に2300万人が住んでる事すら奇跡なのに、
ここ最近は他所から押し寄せてくる来客でさらに狭苦しい。
この来客というのが観光客なんですよ。
いやね、別に僕は排外的な思考の持ち主でもないし、
むしろ色んな国の人に台湾の素晴らしい景色や文化を見て貰いたいと思ってますよ。
しかしね、近年中国大陸からの観光客を解放してからは、
台湾の至るどころの名勝観光地が中国人で溢れかえってるんですわ。

確かに彼らの来訪により各地方が得られた経済効果は抜群だった。
ただ金にばかり目を眩んだ観光局は制限を設けるどころか、
年年解放条件を緩め、さらなる客員を引っ張り込もうとしてる。
ぶっちゃけもう台湾の観光交通資源、観光地の客量上限、
ガイドなどの人員資源のキャパをはるかに超えちゃっている。
同時多発テロ並の膨大な観光客により、
もともと宜しくない交通がさらに麻痺し、
もともとそれほどクリーンでもない環境がさらに悪化を辿る、
さらにこのバブル経済効果を掴もうとする旅行会社による未曾有の悪性競争により、
ガイド人員の素養低下、それに伴うように低下する観光品質。
正直稼いだ外貨以上の失ったものは遥かに多いと思う。

一番いい例えだと、世界でも有名な台湾故宮博物館。
僕がまだ学生の頃から何度も見学に行った思入れ溢れるところ、
特に文化、芸術を好むインテリ系な観光客、参観客が多かったせいか、
ここはとっても静かで雰囲気がとても上品な場所だった。

しかし中国大陸の観光客開放して以来、
ここは必然に立ち寄る名所の一つとして賑わってしまった。

もともと週に6000〜1万位の客員が、
いきなり日々3万を超える客員に大増量した結果、
あの静かでクリーンな空間が完全に崩壊して、まるで市場の中。
過度な客員のせいでどの展示品を見るのも1〜2時間の行列待ち、
そんな大名行列の中、大声ではしゃぐし、携帯が鳴りやまないし、
果てはこういう国家級の博物館に寝間着とスリッパで来る人すらいる始末。
国家首相が外賓を招くこともある彼の地もこのありざまである。
過去は故宮に入るに正装が要求されてたというのに、
今じゃ信じられないほどに落ちぶれてしまった感じがしますよ。

こうやって今まで苦労して、ようやく築きあげてきた台湾という観光ブランドが、
無計画な観光客誘致計画によって破壊されていくんじゃないかと、僕は心配でなりません。

中国人による観光業の経済バブルはあと10年は続くと業界の人は言う、
しかし、僕の知ってる麗しいき頃の台湾美景は、果たして10年間の蹂躙に耐えきれるのだろうか…





今回トップに飾った画像は、台湾三大漁港の一つ、宜蘭県の南方澳。
昨年両親を連れて遊びに行った時に撮った一枚をちと加工した物です。

真・草刈り無双6

  1. 2013/01/25(金) 12:55:07|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

このご時世にお仕事を沢山頂けるのは幸せですよね(現実逃避)
通常業務時間を終えて家に帰っても、さらに第2パートの内職が始まる日々ですが、
最近さらに土日という神聖なウィークエンドタイムまで仕事に侵されてしまい、
こんなストレスフルなライフスタイルをどうやって切り抜けるかを思案した結果、
やっぱりゲームをやることしかないという引きこもり的な発想に留まりました。

MGSのリボルバーオセロットが弾の気持ちが分かると豪語してたけど、
そろそろ僕も一日18時間もケツを支え続けてる椅子の気持ちがわかりそうです。

椅子<痔になれ…痔になれ…痔になれ…



話は本題のゲームに戻りますが、
超久々に三國無双をプレイしました。
タイトルは真・三國無双6 

あれ?猛将伝だったかな? 
まぁそんな事どうでもいい、どうせやることは同じだ。

確か最後にプレイした同タイトルは無双3だったかな?
ちょろっとググってみたら2003年発売やんの!丁度10年前ww
四捨五入しても20代だった頃じゃん!やべぇw
久々に中学同窓会に行ったら片思いのあの子がすでに2児の母ってレベルだわ。

そして十年の歳月を経て、僕は進化を重ね遂げた新たなる三國無双をプレイする訳ですが、

やっぱなんも変わってねぇわ(褒め言葉)

しかしめっちゃ女性キャラ増えたね。
テクモと合併してからDOA因子をしっかり取り込んでるようで、
イベントシーンですんげー揺れるよ、女性のとある一部が。

しかし胸がどう弾もうか、僕が愛用するのは夏候惇さま!
三國無双6の夏候惇やべぇ、マジカッコよすぎ!
おっさん+髭+眼帯+忠誠心の塊、超ドストライクっすよー


どうでもいい話ですけど、
三国シリーズって何故かよく主人公チームみたいな扱いが多い蜀軍。
実は個人的にあまり好きじゃないんですよね、
シミュレーションゲーの三国志をやる際も真っ先に滅ぼす位。
もしくはあえて蜀陣営を選び、
まず義兄弟の関羽と張飛の法具を没収し、さらにクビ→追放にしてから、
途中で陣営切り替えて再スタートする。まさに外道の所為である。
逆に一番好きな陣営は魏です、曹操が好きというより曹操身辺の重臣が好きなんだ。

ガンダムで例えると連邦軍じゃなくて、ジオン軍が大好きな人種みたいなもんです。
でもギレンザビが好きじゃないだよ、ランバラルがイイんだよ。


話が逸れましたが、久々の草刈りゲーは楽しかったです。
でもだからと言ってやりこむの?と聞かれたら答えはノーです。
何も考えず俺TUEEEEEEEEEEを存分楽しんで、
ストレスを解消したらこっそり使命終了するゲームですね。


2013年 あけましておめでとうございます。

  1. 2013/01/01(火) 22:59:40|
  2. リアル徒然|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2012年を振り返ってー

春、年始からずーと勉強してて、3月末の試験に挑む。

夏、ようやく合格発表され、晴れて国家認定のツアーガイドになれた。
そして、の実務試験を兼ねた1ヶ月に渡る研修をこなした。

秋、あちこちの旅行会社に紹介されるが、一度試験的に実務をこなす。
しかし想像してた仕事とは全く違う世界の現実に戸惑う。

冬、試験が終わった頃から受け始めてた、在宅で翻訳の仕事を続けてる内に、
何故か取引先の会社から正社員への誘いが来る。

年越し2週間前、晴れて正社員。これが現状。


新しい仕事、新しい役職、新しい僕のデスク。

そして新しい一年

今年もよろしく。


天霜図記-3

  1. 2012/11/28(水) 21:25:34|
  2. Skyrim|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


こちら狩狩狩狩狩ですが、PT行きませんか?と誘いを受けたらニーズヘッグと戦わされた。
俺が居なかったら倒せなかったくせに、あいつら勝手にドロップ分配を相談始めやがった。

ドヴァキンの名にかけて、こいつ全員晒す。




#サイズのデカイ画像を張るためにスタイルシート変えました。
 画像クリックするとさらにデカくなる誰得仕様でもある。

[ 天霜図記-3 ] の続きを読む

DTIブログって?

次のページ
ツイート